「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」第7話無料エロネタバレ感想

この記事を見たほうがいい人

  • 「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」第7話のネタバレを知りたい人
  • 「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」第7話を無料試し読みする方法を知りたい人

 

305号室のオンナ第6話無料ネタバレはこちらから

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」第6話無料エロネタバレ感想

 

『はぁあん!あひぃ!あぁぁぁ!』

「むふふ!やっぱりチンコはデカイが正義でしょう?!」

じゅぷっじゅぷっ

『うん!デカイの好きぃ!』

じゅぷっじゅぷっ

『もっとぉぉお!もっと奥まで挿してぇぇぇっ!』

 

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~第7話無料エロネタバレ感想

「305号室のオンナ」はこちらの公式サイトから無料試し読みできます

こちらのBookLIve!コミックは

毎週新着エロ漫画が続々登場☆

まずはいろんな作品を無料試し読みをしてオカズ探しをしてみては♡

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~第7話無料ネタバレ

数日間ずっと夫と子作りをした

子作りとしては順風満帆、、、でも私だって女

肉体はもうとっくに管理人さんのものになっていた

悩んでいる最中、管理人さんから連絡が来た

「夫婦で中出しSEXしたんですね。最高にいい動画が撮れましたよ」

私たちのSEXをずっと盗撮していたみたいだ

「でもね、旦那の汚い精子入りマンコなんか入りません。305号室の住人ではありますけど特別にあなたは解放してあげますよ」

一方的にそう告げられ私はあっさりと自由の身になった

ホッとした気持ちを抱いたのは一瞬だけだった

しかし私は受話器を置くと

すぐにエレベーターに乗って管理人室に向かう

ダメだとわかっていても、、

私はあの言葉を管理人さんに伝えたかった

『あぁぁん、、、カチカチぃ、、』

『皮がズル剥けの大人ちんぽ、、あぁ私はこのちんぽに恋しちゃったの、、、』

「なぁに独り言ほざいてるんですかぁ?」

『早くちょうだい、、、』

「どうしよっかなぁ♪」

『もう、、、私がちんぽ入れちゃう、、、!』

ずプッ

『はぁあん!あひぃ!あぁぁぁ!』

「むふふ!やっぱりチンコはデカイが正義でしょう?!」

じゅぷっじゅぷっ

『うん!デカイの好きぃ!』

じゅぷっじゅぷっ

『もっとぉぉお!もっと奥まで挿してぇぇぇっ!』

「ドスケベめ、、仕方ないっ」

パンッパンッ

じゅぷじゅぷ

『あぁ、、そうこれぇ、、♡』

「おふぅ♪おっぱい柔らかいですねぇ」

パンッパンッ

ビュルルるっ

『アヘェえええっ!グゥぅぅぅ!』

「むふふ、、、両足で絡みつきすぎですよぉ」

『だってぇえ!欲しいぃ全部全部欲しいのぉ!』

『はぁあ、、お願い捨てないで、、、』

「なんだぁ?急に」

『私、、、もうこのちんぽなしに生きられないの、、』

「ククク それなら今後は一切夫婦の子作りは許可しませんよ?」

『わかりました、、、やった、、このちんぽ私のものに、、♡』

私はもう須郷のちんぽなしじゃ生きられません

 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」第7話感想

管理人からようやく解放されたのに

自ら管理人のちんぽを求めに行った楓

さすが最終回ということもあり

どエロ祭りですね☆

管理人のデカイちんぽに

完全に心を奪われてしまった楓のSEX

最高に気持ち良さそうでした♡

まさかこんな展開になるなんて、、、

 

305号室のオンナ、最高にエロい漫画でした!

何回もアソコがビンビンに、、、

「あまい惑星」さんの次の作品が楽しみです!