「スク水着たまま満員電車」第2話無料ネタバレ感想〜部活のイケメン先生と〜

この記事を読んだ方がいい人

  • 「スク水着たまま満員電車」第2話ネタバレを見たい人
  • 「スク水着たまま満員電車」第2話を読む方法を知りたい人

 

『やっ、、ダメ、、あん♡』

クチュクチュ

せ、先生の指が、、、

私の胸を、、あそこを触ってる、、、

恥ずかしい、、、

『あん♡だめ、、』

「スク水着たまま満員電車」で検索!


→無料試し読みはこちらから←

「スク水着たまま満員電車」第2話無料ネタバレ感想

「スク水着たまま満員電車」第1話はこちらの公式サイトから読むことができます。

こちらのBookLIve!コミックは

毎週新着エロ漫画が続々登場☆

まずはいろんな作品を無料試し読みをしてオカズ探しをしてみては♡

「スク水着たまま満員電車」第2話無料ネタバレ

最悪、、、知らない人に好き勝手に触られて、、、

私があんなことされていいと思うのは、、、

「花沢、悪いが事情で練習は30分後だ」

『十神先生、、、』

ちょっと無愛想だけど

いつも気にかけてくれる先生、、、

「元気ないな、なんかあったのか?」

『えっ?』

先生にだったら私、、

『実は、、、』

「それでーー痴漢に遭ったと」

「好きな様に身体を弄られて怖くて声も出せなくて、挙句ちょっと反応してしまった、、、と」

「花沢、、簡単な痴漢撃退法があるんだが、、、」

『で、できるかな、、』

「やるんだよ!いつもの強気な態度はどこいった?」

「ほらそこに立って」

ドキッ

先生の手が胸に、、、

「腰細いな、ちゃんと食ってんのか?」

『ふ、太りたくないもんっ』

「このまま尻を突き出すんだ、相手を押す様に」

『お、お尻を?』

「恥ずかしがらずにやるんだ」

「ほらどうした」

せ、先生の手が、、、

ぎゅっ

びくっ

「どうした?そんなんじゃ相手はどんどん調子に乗ってくるぞ?」

クリクリと花沢の乳首をいじる先生

『(そ、そんなこと言ったって、、、痴漢じゃないんだもん、、大好きな先生、、、)』

「っていうか尻突き出すのはどうしたの?」

次は花沢のマンコをこする先生

きゅんきゅん

『やっ、、ダメ、、あん♡』

クチュクチュ

せ、先生の指が、、、

私の胸を、、あそこを触ってる、、、

恥ずかしい、、、

『あん♡だめ、、』

ビクンビクン

「なぁ花沢、痴漢されたことなんか忘れさせてやるよ俺が」

あ、、そこ、、、気持ちよくて、、、

ビクッ

、、、、xつ!

はぁはぁ、、

先生、、、私イっちゃった、、、♡

「スク水着たまま満員電車」で検索!


→無料試し読みはこちらから←

 

「スク水着たまま満員電車」第2話感想

密かに思いを寄せていた先生に

痴漢に遭ったことを相談した花沢

痴漢撃退方法を教えてもらっていたはずなのに

次第にエッチな流れになり

ついには乳首とマンコをクリクリ

大好きな人からエッチなことをされた花沢は

すぐにイっちゃいました♡

静かに喘ぐ感じが最高にエロいです

次回は本格的に先生と、、、♡

 

「スク水着たまま満員電車」で検索!