「少数民族が我が家にやってきた」第1話無料ネタバレ感想〜まだ奥まで入るの、、?!〜

この記事は「少数民族が我が家にやってきた」第1話のあらすじ、ネタバレ、感想、、無料で読む方法、エロ画像、最新話、最終話を紹介しています。

 

ビギーは状況を理解し

瑞希のパンティを脱がし

濡れたマンコを露わにさせた

ズプッ

ビクンっ

『はううう♡ダメェぇx!』

→公式サイトで無料試し読みする←

「少数民族が我が家にやってきた」第1話無料ネタバレ感想

「少数民族が我が家にやってきた」第1話はこちらの公式サイトから読むことができます。

無料試し読みもできるのでぜひご覧ください♪

こちらのBookLIve!コミックは

毎週新着エロ漫画が続々登場☆

まずはいろんな作品を無料試し読みをしてオカズ探しをしてみては♡

「少数民族が我が家にやってきた」第1話無料ネタバレ

私を妻の瑞希は献身的に支えてくれた

いつも優しく明るく、、

まさに私の理想の女性が妻だ

娘の希海はそんな妻によく似ていると思う

真面目で勤勉

人懐っこくて誰とでもすぐ仲良くなれる」

私たちはささやかながらも

幸せな生活を続けていた

そう、、、彼が家にやってくるまでは、、、

 

ある日のことだった

某TV局から突然我が家に電話があった

”とある番組の企画で少数部族出身の青年をホストファミリーとして受け入れてくれませんか。ただし可能な限り彼の思想や習慣を尊重してください”

、、、面白いかもしれないと思った

私はすぐに妻と相談した

”希海が海外留学やボランティア活動に興味を持っている。留学生の受け入れはきっと希海の将来のためになる”

瑞希はホストファミリーとなることを快諾してくれた

それを聞いた希海はとても喜んだ

”お兄ちゃんができるみたいで嬉しい”

希海は私たち以上に彼が来る日を心待ちにしていた

そしてやってきたのが彼

ビギーという名前だ

初日、妻を家に残し

晴れやかな気持ちで私は会社に向かった

、、、まさかうちの妻に限って、、、

恥ずかしながら私はそんなこと微塵も考えていなかった

 

長旅で疲れたビギーはすぐに寝てしまい

そんなビギーに布団をかけようと瑞希は近づいた

すると大きくてもっこりとしたモノがあった

エッチな気持ちはない

これが本当にペニスなのか知りたい

ドキドキしながらみると

今にもパンツを突き破ろうとしているペニスがそこにあった

瑞希は自身のカラダが熱くなるのを感じていた

『若い男の子なんだからこれくらい元気なのは当たり前、、だよね』

『でもちょっとだけなら、、、』

ムラムラしてきた瑞希は

パンツを脱がせ

大きなペニスを目の当たりにした

『な、なんのこれ、、太いし長いし硬いし、、すごい♡』

吸い寄せられる様に瑞希は手を伸ばし

ビギーのペニスをシコシコ

無意識のうちに服を脱ぎ

制欲が丸出しになっていた

『こんな大きいの入るとどんな感じなのかなぁ♡』

瑞希は爆乳を揉みしだきながら

今にも本気のオナニーをしてしまいそうだった

 

「んんっママさん、、?」

ビギーは状況を理解し

瑞希のパンティを脱がし

濡れたマンコを露わにさせた

ズプッ

ビクンっ

『はううう♡ダメェぇx!』

→公式サイトで無料試し読みする←

「少数民族が我が家にやってきた」第1話感想

最初はてっきり少数民族の男が妻の瑞希を襲うのかななんて思っていましたが

まさかの妻からという笑

規格外のおちんぽにムラムラしてしまう瑞希

その爆乳姿はどエロでした☆

ついにはおちんぽをマンコに入れられ

意識がなくなりそうになった瑞希

気持ち良さそうでした

今後はどんな展開が待ってるのでしょうか、、

次回は娘の希海と、、、♡

→公式サイトで無料試し読みする←