「少数民族が我が家にやってきた」第2話無料ネタバレ感想〜こんな量、、溢れちゃう!〜

この記事は「少数民族が我が家にやってきた」第2話のあらすじ、ネタバレ、感想、、無料で読む方法、エロ画像、最新話、最終話を紹介しています。

 

そしてビギーはそのまま希海にちんぽを咥えさせた

じゅポッ じゅぷっ

ビュルルる

『んぐぐぅ、こ、コレ、、、精子、、、?!』

『こんな量、、溢れちゃう!!』

→公式サイトで無料試し読みする←

 

「少数民族が我が家にやってきた」第2話無料ネタバレ感想

「少数民族が我が家にやってきた」第2話はこちらの公式サイトから読むことができます。

無料試し読みもできるのでぜひご覧ください♪

こちらのBookLIve!コミックは

毎週新着エロ漫画が続々登場☆

まずはいろんな作品を無料試し読みをしてオカズ探しをしてみては♡

「少数民族が我が家にやってきた」第2話無料ネタバレ

「ノゾ、、、ミ、、?コレハ、、、?」

『ねぇねぇビギー、日本語、、勉強しようね?』

学校から帰宅した希海は

ビギーを自室に呼び

日本語を教えていた

ふた回り以上大きく筋肉質なビギーのカラダに密着させるほど

既に希海はビギーのことが大好きになっていた

そしてこの行動がビギーの欲望を煽ることになってしまう

「ノゾミ、、、アイシテル、、!」

突然大きな手で希海のおっぱいを揉むビギー

『やめてってばビギー、、私そんなつもりじゃ、、、』

モミモミ むにゅ

ビギーのペニスはもう今にも破裂してしまいそうになっていた

そしてついにビギーはマンコに手を伸ばす

『えっ!?背中のこの感触、、、まさかおちんちん、、、?』

『すごく熱くて硬くて、、それからとんでもなく大きいっ、、、!』

おっぱいを揉まれながら手マンされている希海は

ちんぽを感じながら気持ちよくなっていた

 

そしてビギーはそのまま希海にちんぽを咥えさせた

じゅポッ じゅぷっ

ビュルルる

『んぐぐぅ、こ、コレ、、、精子、、、?!』

『こんな量、、溢れちゃう!!』

希海の小さな口の中では収まり切らず

口元から大量のザーメンが流れてしまっていた

→公式サイトで無料試し読みする←

「少数民族が我が家にやってきた」第2話感想

肌を露出しながら密着してくる希海に発情してしまったビギー

大きな手で希海の服を脱がせ

おっぱいが丸出しになりましたが

まだ子供なのに巨乳すぎて

めちゃくちゃエロかったです♡

あんなに綺麗なおっぱいを見てしまったら

永遠に揉んでしまいそう

しかもビギーはフェラまでしてもらって、、、

ずるい、、、

今後はもっとエッチな展開が待っているのでしょうか

次回は母とビギーがエッチを、、、♡

そしてそれを見た娘は、、、♡

→公式サイトで無料試し読みする←